七田式 教材 口コミ

七田式の英語教材はこれまで多くの人が手に取って勉強してきました。

 

そのため賛否両論含めて多数の口コミがあります。

 

こうした口コミは英語教材の特徴を知るうえでの参考材料となりますので七田式を検討されているのであればここでチェックしておきましょう。

 

 

意外と面白い!

 

聞き流すだけのとか色々試したんですよ。今まで・・・もちろんことごとく失敗!

 

何でって?センテンスが長すぎて日本語しか耳に残らないのよ〜ま、そんなに期待はしていないので別にいいんですが。
これは一つの言い回しを、複数パターン短いフレーズを繰り返していくので、覚えるってことに集中しやすいです。
それにね、聴いてるだけなんて覚えるわけないですよ。口に出して初めて思った通りに音が出せないってことに気がついて、繰り返し練習してやっとついていけるようになるんだから!
60日で話せるようになるかはわからないけど、これは全然出来ない人が訓練に慣れるにはいい教材かもです!

 

意外と1日10個ってなんとなく覚えられます(^_^)

 

簡単フレーズで覚えやすそう。

 

高校生の息子と一緒に使おうと購入しました。私は留学経験があり一応会話はできるのですが、もう20年も前の事で最近全く話してなかったのでこれを機会に勉強しようと購入しました。パラパラとみると日常よく使うフレーズが載っていて初心者でもこれをマスターしたら、話せる自信が持てると感じました。

 

再チャレンジで頑張れそうです

 

趣味の一つとして英会話を学ぼうと思い初めて学んだのは聴くだけで学べると言う教材で初心者にも好評だったため、サポートなしでしたが自分にもできると思い学習していたのですが、単語がわかっていながら聞き取れない発音があるとそのまま覚えても使う自信もなく、他にも今まで会話を目的に英語を学んだことがないと言うことを思い知らされるくらい、会話となるといろいろな疑問が出て来るもので、ネットで調べてもわかる範囲は限られてしまうし、周りに英語を話せる人もいないため行き詰まってしまうこともあり、理解できるところだけを単に覚えると言う事に苦痛を感じるようになってしまい、挫折するのも時間の問題と思っていたのですが中途半端は良くないと思い、今度はサポート付きの教材をよく調べて7+Englishを購入しました。
内容は中学校で学ぶ程度の文章ですので難しそうと言う抵抗感もなく、基礎である英語の発音と文法的にもいろいろ不安のある自分のレベルには最適です。
サポート面はサポート付きの教材としては費用が安いので心配はありましたが、実際サポートを受けるとわかりやすく丁寧に教えて頂けるし、学校であれば今更聞けないような初歩的な質問でもメール対応ですので気軽に聞くことが出来るので十分満足しています。

 

続けやすい

 

やり始めたころは、なかなか覚えるのに時間がかかったのですが、慣れてきたらどのようにすすめてていけばよいのか、自分なりに分かるようになってきました。
3日前までの復習を行っていくので、忘れづらいです。
早いスピードの英語しか入ってないので、発音が分かりにくいところがありますが、電子辞書で対処しています。
発音の練習や、単語の意味を調べたりする時間を入れたとしても、30〜40分程度では終わるし、フレーズを覚えていっていることが自覚できるので、モチベーションとしても続けていきやすいです。

 

七田式英会話教材の感想

 

シチュエ−ション毎に分類されたもう少しレペルが上のものを持っているのですが、七田式の分類の仕方だと頭の中がすっきり整理できそうで気になっていた折、楽天カ−ドデビュ−して、ク−ポン、ポイント、おまけなどの誘惑にポチしてしまいました。
一通りテキストに目を通したら、自分の都合いい時にCDを聞こうと思っていたのですが、利用マニュアルを読んで、脳波のCDを活用している事とシンクロして、七田メソッドで勉強しています。繰り返して勉強することで英会話のベ−ス作りとしてお勧めできる教材だと思います。そしてレベルアップしていくことが理想ですね。
マイテキストを作りやすくする為に、テキストをシャ−プペンでの書き込み、消去がしやすい紙質に、CDケ−スを6枚まとめて収納できるコンパクトケ−スに改善して頂ければ、ユ−ザ−にとって、ベタ−だと感じました。まだまだ完全記憶にはなっていないので、繰り返して勉強を続けていこうと考えております。

 

 

もちろん中には否定的な意見もありましたが、総じて良い意見の方が多い印象でした。

 

ここで紹介した以外にもたくさんの口コミがインターネットで挙がっていると思いますので、どうしても気になるのであれば、こうした口コミをチェックしてから使ってみようかどうかを判断してもらえばと思います。

 

 

>>七田式教材の詳細はこちら