七田式 教材

七田式では、に事情英会話で良く使われる60パターンを暗記し、それを基礎として英語力を高めていく勉強法を提唱している教材です。

 

そのため、教材ではより暗記しやすいような仕組みを用いてカリキュラムが構成されており、それに沿って学ぶことによってより効率よく60パターンを暗記することができます。

 

では具体的にどのような構成になっているのか?

 

まず教材は4つに分かれています。

 

  • 利用マニュアル
  • 英文テキスト集600
  • CD6枚
  • 頻出600フレーズチェックシート

 

各教材の使い方は以下の通りです。

 
利用マニュアル

 

この利用マニュアルでは、英語を勉強するにあたっての動機付けやモチベーションアップについて書かれています。

 

具体的には

 

  • 英語がとっさに出てこない“本当”の原因
  • 完全記憶が英語を自然に話せるようになるワケ
  • 誰もが短時間で英語をマスターするためのコツ
  • 教材を使って英語をマスターした人達の例

 

などです。

 

また、英語を勉強する上で欠かせない「勉強できる環境づくり」についてもこの利用マニュアルの中で紹介されていますので、ここは確実に目を通しておくといいでしょう。

 

英語がマスターできない理由の1つに、勉強に集中できない環境下で勉強しているから・・・というのがあります。

 

どれだけ教材がすごくてもそれを使って勉強する環境が劣悪だと、効率も下がりますし結果もついてこないため、挫折する可能性が高くなります。

 

そうならないように、利用マニュアルを活用して英語の勉強に集中できるような環境や姿勢を学びましょう。

 

 

英文テキスト600

 

七田式英語教材のメインとなるのがこの英文テキスト600です。

 

このマニュアルの内容はいたってシンプルで、それぞれ日によって学ぶフレーズの型とその型から変化をつけた10のフレーズ、さらにはそれらの日本語訳が掲載されているだけです。

 

余計な解説文や補足文章は一切載っていないため、単純に書かれているフレーズを“暗記する”ことに特化したマニュアルになっています。

 

 

CD6枚

 

英文テキストの対となるマニュアルが6枚組で構成されたCDです。

 

このCDには、テキストに掲載されている英文が収録されているため、テキストを読みながら聴くことで目と耳から覚えることができるようになっています。

 

そのため、テキストとCDは常にセットで使うようにしましょう。

 

 

頻出600フレーズチェックシート

 

CDを使って話す練習をする時に、できたかできなかったのかを確認する必要があるのですが、その時に使うのがこのチェックシートです。

 

七田式の英語教材はその日に学習した内容だけでなく、3日前までに勉強した内容も1日の勉強量の音声に収録されているため、毎日欠かさず勉強することで3日前まで勉強したことも自然と復習できるようになっているのです。

 

当然チェックシートも4日で1日分のチェックができる仕様になっています。

 

最初はこのチェックシートの重要性を感じないかもしれませんが、きちんと進めていくうえでは欠かせないものなので、勉強したらきちんとチェックするようにしましょう。